ケース選択・変更ができるBTOパソコンまとめ

パソコンを買うからにはお洒落なケース、格好いいケースを選びたいものです。普通のメーカー製PCだとケースは1種類に限定されていますが、BTOパソコンなら大抵の場合、ケースが選べるようになっています。

ではどんなBTOパソコンならどんなケースに変更可能なのでしょうか。私自身気になったので、主要BTOメーカーのデスクトップケースを全部調べてみました。

PCケースのサイズに要注意

紹介する前の注意事項です。パソコンパーツのマザーボードにはサイズの規格があります。それに伴い、PCケースもマザーボードのサイズに合わせたものになっています。

つまり小型パソコンならケースは必ず小型になります。ミドルタワーからフルタワーにはできても、フルタワーからミドルタワーのPCケースには変更できないことが多いです。

BTOパソコンメーカーのPCケース事情まとめ

ドスパラ

ドスパラはそれなりに多くのPCケースに変更できます。そもそもドスパラ専用のPCケースが豊富なので、交換・変更の組み合わせがかなり複雑です。

カスタマイズ画面まで進めば選択可能なPCケースが一覧になっているので、それを確認するのが手っ取り早いです。またドスパラは選べるPCケースをすべてまとめてくれています。以下のページを見ると非常にわかりやすいです。高性能でデザインが格好良いPCケースもあります。

mouse

マウスはPCケース自体の変更はできません。BTO専用のものしかありません。ただ一部のゲーミングPCはサイドパネルを透明なアクリルに変更できます。PCの内部が見えるようになり、さらにLEDライトで格好良くなります。

パソコン工房

パソコン工房もmouseと同じです。PCケースは変更不可です。そしてアクリルパネルに変更できるものが少しあります。mouseとパソコン工房はカスタマイズ性がとても低いBTOパソコンメーカーなので仕方がありません。

ツクモ

ツクモも駄目です。PCケースの変更はできません。ゲーミングPCだけはサイドパネルをスモーク仕様のアクリルに変更できます。ツクモはそこそこカスタマイズができるBTOメーカーだと思っていたので意外な結果です。

サイコム

フルカスタム可能なサイコムはどうでしょうか。カスタマイズ画面を見るとたくさんのPCケースがあるように思えますが、実際には色を選べるだけだったりします。

色以外はサイドパネルやケースファンの変更ばかりです。ただ他のBTOメーカーよりも高級なPCケースを採用しているので、性能に関してはNo.1です。またデザイン性にも優れています。

PCケースを変更したいならドスパラかサイコム

結論としてドスパラサイコムがおすすめです。というかこの2つのメーカーしかありえません。価格で選ぶならドスパラがおすすめです。ドスパラのBTOパソコンのほうが明らかに安いです。

PCケースのデザインや性能で選ぶならサイコムがおすすめです。CoolerMaster製の人気PCケースが初期採用されていて、冷却性もばっちりです。ちなみにドスパラのBTOパソコンもCoolerMaster製に変更できるものがあります。やはりドスパラが安定ですかね。