mouseの良い評価・悪い評価 2018年版

ここ最近、mouseのTVCMを見かけることが多くなりました。今はmouseというブランドになっていますが、少し前まではマウスコンピューターという会社名をそのままのブランドとして使っていました。mouse = マウスコンピューターと覚えておきましょう。

mouseはなぜか海外製PCメーカーだと思われているようです。でも実際には日本のBTOメーカーです。mouseのBTOパソコンを買う前に良い評判と悪い評判を把握しておきましょう。

mouseの良い評価

mouseのBTOパソコンの長所を解説していきます。

とにかく安い

mouseのBTOパソコンは激安です。おそらく他社BTOメーカーとの価格競争を強く意識しているのでしょう。頻繁に価格が変動し、結構な勢いで値下げしています。

BTOパソコンの通常価格を比較してみると、mouseが最安値になっていることが多いですね。メーカ製PCより数万円安いのが当たり前です。だから激安なBTOパソコンを探しているならmouseをまずチェックしましょう。

BTOノートパソコンがたくさんある

BTOパソコンの売れ筋はデスクトップが中心です。でもBTOノートパソコンが欲しい人だっていますよね。それなのに多くのBTOメーカーはノートパソコンにあまり力を入れていません。ノートパソコンを一切販売していないBTOメーカーもあるくらいです。

でもmouseなら大丈夫です。どのBTOメーカーよりもノートPCが充実しています。小型なモバイルノートから、超高性能なゲーミングノートPCまで揃っています。しかも他社よりも明らかに安いのです。正直、BTOノートパソコンを買うならmouse一択です。毎年、BTOノートパソコンの賞を獲得しているので、非常に高い評価を受けています。

24時間サポート

パソコンは購入したあとのことも考えなければなりません。どうせ同じスペックのBTOパソコンを買うなら、サポートがしっかりしているメーカーを選びたいですよね。

mouseなら24時間サポートが標準になっています。この24時間サポートは決して当たり前ではありません。平日昼間しかサポートを受け付けないBTOメーカーもあるんですよ。

そもそも昼間しかサポートを受け付けないなんて困りますよね。だって、自宅でパソコンを使うのって夜の時間帯が多いじゃないですか。そんなときにパソコンにトラブルがあっても、mouseなら素早く解決してくれます。24時間サポートをしてくれるのはmouseとパソコン工房くらいです。

mouseの悪い評価

mouseには安いという最強の長所がある反面、短所もいくつかあります。

カスタマイズがあまりできない

BTOパソコンは自由にパーツを組み合わせられるのが醍醐味です。例えばサイコムならマザーボードから選べて、フルカスタマイズが可能です。

一方でmouseはあまりカスタマイズできません。パーツの選択肢がとても少ないのです。もちろんメモリやストレージ等、基本的なパーツは揃っています。でも電源ユニットやCPUクーラー等は選択肢がほとんどなく、パーツに詳しい人からはあまり評判がよくありません。

パーツのメーカーがわからない

パーツのメーカーが明記されていないのもデメリットです。例えば240GB SSDを選択したとしましょう。でもそのSSDはどのメーカーのなんという製品なのかが一切明かされていません。

SSDは製品によって速度が変わってくるため、できればきちんと知ってから選びたいものです。これはSSDに限った話ではなくほぼすべてのパーツがそうです。ただ、パソコン初心者はあまり気にしないでしょうから、ある意味では初心者向けと言えます。

マウスやキーボードが基本的に付属していない

mouseのBTOパソコンが安い理由のひとつに、「付属品の少なさ」があります。ドスパラのBTOデスクトップパソコンを購入したら、大抵の場合マウスとキーボードがついてきます。またDVDドライブが標準搭載です。

でもmouseはほとんどのデスクトップにマウスとキーボードが付属していません。DVDドライブ非搭載のモデルが多いです。だから初めてパソコンを買う場合は、少なくともマウスとキーボードは別途購入しなければなりません。そうすると実はすべてが付属しているドスパラのほうが安いなんてこともあります。