ドスパラの良い評価・悪い評価 2018年版

ドスパラのBTOパソコンは日本で一番人気があります。事実上、No.1のBTOメーカーです。人気ということは良いところがたくさんあります。でも悪いところもあります。

そこでドスパラの良い評価と悪い評価をまとめてみたので、ドスパラのBTOパソコンを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

ドスパラの良い評価

ドスパラにはたくさんの良いところがあります。正直書ききれないくらいです。だから特に高評価な部分だけをピックアップしてみます。

パソコン初心者に優しいラインナップ

BTOパソコンはカスタマイズできることが魅力のひとつです。自分で好きなパーツを組み合わせて、用途に適したオリジナルのパソコンを購入するわけです。

そのせいでしょうか、多くのBTOメーカーのラインナップを見るとカスタマイズが前提になっているパソコンが非常に多いのです。初期構成ではメモリ容量が少なかったり、ストレージはSSDが非搭載だったりと、「そのまま買っても全然快適に使えないよ」と思うものばかりです。

パソコン初心者は安さを重視する傾向が強く、初期構成のまま買ってしまう人が跡を絶ちません。しかしせっかく買っても快適に使えないのであれば意味がありません。

その点ドスパラは初期構成のまま買っても快適に使えるBTOパソコンがほとんどです。特にゲーミングPCはメモリ容量がしっかりしていて、ストレージもSSD + HDDになっています。

だから一見するとドスパラのBTOパソコンは激安BTOメーカーよりも高額に思えるのですが、それは激安BTOメーカーのパーツが不足しているだけなのです。

事実、同スペックにカスタマイズしてみるとドスパラのBTOパソコンのほうが安いことが多いのです。間違いなくドスパラが一番初心者向けのBTOメーカーです。初心者こそドスパラで買うべきです。

細かくカスタマイズできる

ドスパラが初心者向けなのは確かです。でも玄人も満足できるメーカーでもあります。なぜならカスタマイズの項目が非常に多いからです。

例えばmouseパソコン工房に比べると明らかにカスタマイズの選択肢が豊富です。CPU、CPUクーラー、CPUグリス、HDD、SSD、光学ドライブ、ケース、ケースファン・・・と何から何まで変更できます。

セールやキャンペーンで激安になっている

どのBTOメーカーもセールやキャンペーンをやっています。ただその内容は大きく異なります。ただ特集しているだけでまったく値下げしていないキャンペーンもあったりするので要注意です。

ドスパラはいつもお得なセールをしていて、大幅値下げはもちろん、SSDの容量アップ、メモリの容量アップ、CPU無料アップグレードなどが組み合わさり、通常価格よりも何万円もお得になっているBTOパソコンがたくさん見つかります。

ドスパラのセールやキャンペーンは公式サイトのトップページでいつも紹介されているので必ずチェックしてください。

発送がどこよりも早い

意外と見逃されがちなのが発送の早さです。注文してから届く早さに関してはドスパラが最強です。ほとんどのモデルがカスタマイズしても、注文から2日後に発送してくれます。

「2日後出荷って早いの?」と思うかもしれませんが、試しに他のBTOメーカーと比較してみれば一目瞭然です。他のBTOメーカーは5日後や7日後出荷が普通です。ドスパラのほうが圧倒的に早いですよね。

それにドスパラは土日祝日も工場を可動させているため、土曜日に注文しても平日と同じ早さで出荷してくれます。おそらくこれはドスパラだけです。他のメーカーは土日祝日を休みにしていて、例えば金曜日に注文したら土日の分だけ遅くなります。

またドスパラは即日出荷のBTOパソコンも充実しています。遅いより早いほうが良いに決まってますから、できるだけ早くBTOパソコンが欲しいならドスパラがおすすめです。詳しくはドスパラの「お届けについて」のページをご覧ください。

小型BTOパソコンが充実している

個人的にドスパラを高評価している点が小型デスクトップの存在です。キューブ型、スリム型と色々な小型デスクトップが存在する中で、ドスパラだけは小型でハイスペックを実現しています。

注目すべきなのはGALLERIA Sシリーズの小型ゲーミングPCです。一般的に小型ゲーミングPCはミドルスペックが限界です。グラフィックボードが固定されていることが多く、どうしても選びにくいのです。

しかしドスパラの小型ゲーミングPCはすべてのグラフィックボードを選べます。安さを重視するならGTX1050がいいでしょう。逆に高性能を求めてGTX1080Tiを選ぶこともできます。だから小型ゲーミングPCを探している人からの評判は最高です。

ドスパラの悪い評価

まるで完璧な存在のように思えるドスパラにも悪いところがあります。真偽不明な評判ではなく、事実だけを紹介します。

一部パーツのメーカーがわからない

ドスパラの良い評価として「細かくカスタマイズできる」ことをあげましたが、ここに弱点があります。一部パーツのメーカーがわからないのです。

世間ではこのようにパーツのメーカーを表記しないことを「隠し」と呼びます。パーツのメーカーまでこだわる玄人からすると、どんなメーカーのパーツが搭載されているのかわからないのは不安でしかありません。

ただ、ドスパラはほとんどのパーツのメーカーやシリーズ名をきちんと書いています。一部のSSDやHDD、ファンだけが隠しになっています。気になるならきちんとメーカーが明らかになっているパーツに変更すればいいだけです。

24時間サポートではない

ドスパラは365営業しているのに、サポートは24時間ではありません。WEBサイトからの問い合わせならいつでもできます。ただし電話サポートに関しては9:00〜21:00に限定されています。夜中にトラブルがあった場合はすぐに解決できません。

いえ、このサポート対応時間は決して短くはありません。むしろ普通ですし、もっと短いBTOメーカーもたくさんあります。しかしながらmouseが標準で24時間サポートをしているので、相対的に悪い評価にしてしまいました。