振動対策に!インシュレーターが変更可能なBTOパソコン

BTOパソコンは静音や温度の対策ばかりに注目される傾向があります。確かにそれらも非常に重要ですが、忘れてはいけないのが「制振」です。

制振とは振動対策を意味します。パソコンはファンの回転により僅かながら振動しています。この振動が床に伝わって、ブイーンという変な音を発生させることがあります。

またあなたが一軒家の二階に住んでいたら、一階にいる家族から「パソコンの音がうるさいんだけど!」と文句を言われるかもしれません。つまり振動対策は静音性にも繋がるのでとても大切です。

振動対策はインシュレーターが鍵!

ではBTOパソコンの振動対策をするにはどうすればいいでしょうか。デスクトップの下にマットを敷くのもいいでしょう。振動を吸収してくれますからね。でもデスクトップ下部のエアフローを阻害する可能性があるので、あまりおすすめはしません。

代わりにおすすめしたいのがインシュレーターの変更です。インシュレーターとはデスクトップの足です。普通は4つの足でデスクトップを支えています。この部位をインシュレーターと呼びます。

インシュレーターには様々なタイプの材質があり、振動対策に優れた製品もあります。私自身、パソコンの振動がうるさくてインシュレーターを変更したところ、一発で静かになった経験があります。

インシュレーターが変更可能なのはG-Tune

ドスパラ、パソコン工房、サイコム、ツクモ・・・と有名なBTOメーカーのデスクトップを調査してみましたが、購入時のカスタマイズでインシュレーターを変更できるところはありませんでした。

しかし唯一変更可能だったのがmouseです。mouseのゲーミングPCブランド「G-Tune」のデスクトップ「NEXTGEAR-MICROシリーズ」だけが唯一インシュレーターをカスタマイズできます。他のデスクトップは全部駄目みたいです。

「インシュレーター・プロ」の説明を見ると「特殊ゴムに有機系発泡剤等の諸原料を混合し、熱分解させて製造した特殊スポンジラバーを採用することにより、より効果的な制振性能を発揮します。」を記載されています。

やはり材質が特殊で効果的な振動対策になるようです。あとから自分でインシュレーターを探して買うのもいいですが、どうせなら最初から万全な状態のほうがいいですよね。

だから振動対策を重視する方にはG-TuneのNEXTGEAR-MICROシリーズがおすすめです。10万円以内の激安モデルから、GTX1080Ti搭載のハイエンドモデルまで揃っているので、用途や予算から好きなものを選べますよ。