4KモニターにおすすめのBTOパソコン(動画再生、動画編集、ゲーム)

液晶モニターの解像度は1920×1080が主流です。フルHDなんて呼ばれ方もしていますね。でもすでに4Kの流れが来ています。4Kは3840×2160の解像度を持ち、フルHDに比べて4倍も広い領域(高精細)です。

4K液晶モニターなら今までより遥かに高画質な映像を堪能できます。ただしその分グラフィック性能が求められてしまいます。では4K液晶モニターを活用するためにはどんな性能のパソコンが必要なのでしょうか。

4K液晶モニターで何をするかが重要

あなたが4K液晶モニターが購入したとして、問題は「何をするか」です。動画を見るだけでしょうか、それとも4Kの動画編集をするのでしょうか、あるいは4K解像度でゲームをぷれいしたいのかもしれません。

それぞれパソコンにかかる負荷が大きく異なるため、BTOパソコンの選び方も変わってきます。だからそれぞれの用途に応じておすすめのBTOパソコンやパーツをご紹介します。

4K動画視聴におすすめのBTOパソコン

4Kの動画が用意されているのは主にYoutubeです。動画投稿者が4Kでアップロードすれば、Youtubeで4Kを再生できます。4K動画はまだ一部ですが今後絶対に増えてきます。

フルHDの動画なら普通のパソコンで問題なく再生できます。動画を滑らかに再生できるかどうかはパソコンのグラフィック性能に依存していて、普通のパソコンならCPU内蔵グラフィックスで処理します。

しかし4Kもの高画質な動画になるとCPU内蔵グラフィックスでは性能不足になり、カクカクになる危険性があります。そこで必要なのがグラフィックボードです。

動画程度なら高価なグラフィックボードは必要ありません。今ならGeForce GTX1050Tiが最適です。GTX1050Ti搭載デスクトップなら「ガレリア MH」がおすすめです。GTX1050Ti搭載ノートパソコンで4K液晶のものはありません。

4K動画編集におすすめのBTOパソコン

動画を再生するのと編集するのとではパソコンに求められる性能が全然違います。4Kの動画素材を扱うだけでも重いのに、さらに最終出力であるエンコードにとてつもない時間がかかります。

だからあなたが4K動画編集用のBTOパソコンが欲しいなら、ハイスペックなモデルを選んでください。CPUとグラフィックボードを高性能にし、メモリ容量やストレージ容量はたっぷりにすべきです。

特に動画を編集するためにはメモリ容量がたくさんないと重くなってしまいます。また動画を保存しておくためには大容量のストレージが必要です。HDDが3TBくらいあったほうがいいです。

BTOメーカーは4K動画編集におすすめのBTOパソコンを販売していて、今ならドスパラの「raytrek-V XV-X」やmouseの「DAIV-DGZ520U1-M2SH5-DGP」がおすすめです。

4KゲームにおすすめのBTOパソコン

フルHDでも重いゲームを4Kにしたらとんでもないことになるのは容易に想像できます。ゲームタイトルによりますが、ゲームを4Kにして快適にプレイするためにはハイエンドな性能が求められます。

実際人気オンラインゲームのFF14は4Kに対応していて、フルHDなら144fpsでるゲーミングPCですら4Kにした途端に60fpsを下回ります。今はFF14より重いゲームがたくさんあるため、GTX1080Ti搭載ゲーミングPCでもぎりぎりです。

とにかくグラフィックボードが最重要なため、GTX1080TiかGTX1080Ti SLIが候補に上がります。CPUはCore i7-8700K以外考えられません。メモリは最低で16GB、できれば32GBは欲しいです。

結論として安い4Kゲーム用BTOパソコンが欲しいならドスパラの「ガレリア ZZ」、可能な限り滑らかにしたいなら最強性能であるGTX1080Ti搭載デスクトップの「ガレリア ZZ-SLI」がおすすめです。

ゲーミングノートPCにも4K液晶を登載したものがあります。価格があまりに高額なため全員におすすめできるわけではありませんが、G-Tuneの「NEXTGEAR-NOTE i71130GA1」はGTX1080 SLIと性能面では十分です。