クリエイター向けPCとゲーミングPCの違いとは

BTOメーカーのサイトを眺めているとゲーミングPCやクリエイター向けPC等、用途別にパソコンが分かれていることに気付きます。

パソコンに詳しくない人は「お絵かきもゲームもするならどっちを選べばいいんだろう?」「まったく違うパソコンなのかな?」と色々な疑問が湧いてくると思います。

そこでこの記事ではそんな疑問を解決すべく、クリエイター向けPCとゲーミングPCにはどのような違いがあるのかを説明いたします。

基本的には同じパソコン

パソコンを構成するのに必要なパーツはほぼ決まっています。絶対に必要なのがCPU、メモリ、マザーボード、電源ユニット、ストレージ等です。

これらに加えてクリエイター向けPCやゲーミングPCにはグラフィック性能を強化するためにグラフィックボードというパーツが搭載されていることが多いです。

CPUにも内蔵グラフィックスという機能があるのですが、ゲームの3Dを処理できるほどの性能ではないので、グラフィックボードがグラフィック専門で働いてくれます。

つまりクリエイター向けPCだろうとゲーミングPCだろうと、どちらも同じパソコンなのです。基本的に違いはありません。ただ、ゲーミングPCのほうがグラフィック性能が必要になることが多いため、ゲーミングPCには必ずグラフィックボードが搭載されています。

逆にDTMや軽いお絵かきくらいの用途だとグラフィック性能はほとんど必要にならないため、安いクリエイター向けPCにはグラフィックボードが搭載されていません。

Quadro搭載モデルに注意

BTOパソコンが採用するグラフィックボードは2つに分類できます。ゲームに強いGeForceシリーズとクリエイター用途に強いQuadroです。(AMD Radeonはここでは触れません)

ゲーミングPCにはGeForceが搭載

当然ゲーミングPCにはGeForceシリーズのグラフィックボードが搭載されています。一方でクリエイター向けPCに搭載されているグラフィックボードはGeForceもあればQuadroもあります。

PCゲームの必要動作環境を見ると「DirectX11対応グラフィックス」みたいな表記があります。このDirectXの処理に最適化されているのがGeForceシリーズです。

逆にQuadroシリーズはDirectXに強くありません。一応Quadroでも3Dゲームをプレイすることは可能ですが、同じ価格のGeForceグラフィックボードとQuadroグラフィックボードを比較すると、GeForceのほうがDirectXの性能が高いので、Quadroをわざわざ選ぶ意味がありません。

ほとんどの人にはゲーミングPCがおすすめ

基本的にはGeForce搭載パソコンを選べばなんでもできます。動画編集、お絵かき、写真編集、3DCG制作がサクサクになります。

だから冒頭で書いた「ゲームもしたい!お絵かきもしたい!」みたいな目的がある人にはゲーミングPCをおすすめします。ゲーミングPCは高性能で汎用性も高いので、あらゆる用途に対応できます。

Quadroが必要になる用途

では一部のクリエイター向けPCであるQuadro搭載モデルってどんな用途に向いているのでしょうか。ドスパラのサイトが非常にわかりやすいので紹介させてもらいます。

CAD
3DCG制作
RAW現像

これらの用途でおすすめされているクリエイター向けPCにはQuadroが採用されています。CADはソフトにも依るのですが大抵の場合はQuadroが必要になります。Quadro搭載パソコンでなければCADソフトが動かないこともあります。

同様に3DCD用ソフトにもQuadroを推奨しているものがあります。3DCGソフトの動作環境を確認して、DirectXだと記載されていればGeForce、OpenGLと記載されていればQuadroを選びましょう。

RAW現像は10bitカラー(トゥルーカラー)が必要になるならQuadroを選ぶべきです。GeForceは8bitカラー、Quadroは10bitカラーという違いがあり、表現できる色の数が圧倒的に違います。

写真を印刷してどこかに展示するような予定があるならQuadro搭載のクリエイター向けPCを使うべきです。GeForceだと思ったような色にならないことがあるため、プロの写真家は必ずQuadroを選んでいます。

グラフィックボード以外の違い

もう1つ特徴をあげるならメモリ容量です。ゲーミングPCに搭載されているメモリ容量は8〜16GBがほとんどです。しかしクリエイター向けPCは8〜128GBと幅広いです。

クリエイター用途のほうがメモリを遥かに多く使用するので、クリエイター向けPCにはゲーミングPCより多くのメモリが搭載されていたりします。私がクリエイター向けPCを買うなら最低でも16GB、重い作業もするなら64GBにします。