長いと安心!BTOパソコンメーカーの保証期間を比較

パソコンの最悪なトラブルといえば故障です。「壊れました。もう使えません。」ではあまりに勿体無いですよね。故障したとしても修理対応してくれるかどうかが、BTOパソコンメーカーの選び方で重要です。

しかしながら修理してくれるかどうかは保証期間によります。保証期間を過ぎてしまうと有料での対応となってしまい、普通に新しくBTOパソコンを購入したほうが安く済むなんてことがよくあります。

だからパソコンの保証は長ければ長いほど嬉しいものです。では各BTOパソコンメーカーの保証期間って何年なのでしょうか?実はメーカーによって違うことがあるので知っておいたほうがいいです。

パソコン保証期間比較表

見やすいように表にまとめてみます。

BTOメーカー 無料保証期間 延長保証期間
ドスパラ 1年 2~3年
mouse 1年 3年
パソコン工房 1年 3年
ツクモ 1年 3年
サイコム 1年 3年
DELL 1年 3~5年

BTOパソコンメーカーに関してはほとんど統一されていますね。1年間の無料保証、有料の延長保証は最大で3年です。ドスパラだけは2年も選べます。

DELLはBTOメーカーのカテゴリではありませんが、最大5年もの延長保証に加入できます。ただ、もう1台パソコンが買えてしまうくらいの保証金額がかかってしまうため、ちょっと微妙に思えてしまいます。

高いお金を払っても5年間安心してパソコンを使い続けたいならDELLがおすすめです。3年間の保証で十分だと考えるなら、サポートがしっかりしているドスパラやサイコムがおすすめです。

延長保証にお金を払いたくないとか、自分でトラブル対応できる自身があるならどのBTOパソコンメーカーでもいいでしょう。個人的に品質が安定しているのは、やはりドスパラとサイコムだと思います。ただしサイコムのパソコンは非常に高額なので、普通はドスパラを選ぶべきです。

それぞれの保証期間に関する詳細は以下の公式ページをご覧ください。

>> ドスパラ「保証・サービス一覧」
>> mouse「1年間~3年間 定額保守サービス」
>> パソコン工房「パソコン3年間保証」
>> ツクモ「eX.computer延長保証 (PC本体 3年保証)」
>> サイコムの延長保証制度