DVDドライブ、ブルーレイドライブは必要か不要か

近年、光学ドライブ(DVDドライブ、ブルーレイドライブ)を登載していないパソコンがどんどん増えています。それもそのはず、オンラインゲームはダウンロード方式、動画はストリーミング方式に移行しているからです。

となると光学ドライブ非搭載のパソコンで良い気もしてきます。でももしも必要なシーンになった時に困るのもなんだか嫌です。そこでBTOパソコンには光学ドライブが必要か不要かを考えてみます。

光学ドライブが必要になる用途

まずあなたがDVDやブルーレイを購入、レンタルしてアニメや映画を視聴するなら光学ドライブは必要です。特に最近はDVDよりもブルーレイの動画のほうが売れていますから、ブルーレイドライブを搭載したほうがいいです。

また、パッケージのゲームを購入する際も同様です。ほとんどのオンラインゲームはダウンロード方式ですが、一部のPCゲームはパッケージでしか販売していません。その場合はDVDドライブがおすすめです。

その他の用途だとソフトウェアでしょう。有名なソフトウェアでも未だにパッケージでしか販売していないものもあります。あるいはパッケージで購入したほうが便利なものもあります。Windows OSなんて最たる例でしょう。他にも素材集を購入するクリエイターもDVDドライブが必須です。

読み込みだけでなく書き込みも忘れてはいけません。仕事でデータを持っていく場合、USBメモリがセキュリティ上使えないことがあります。そんなときにはDVDに書き込んで持っていくため、DVDスーパーマルチドライブが必要になります。

2年間使っていないなら不要

「いずれ使うかもしれないから光学ドライブを登載しておこう」と考えるのは正しいです。ただ、ここ2年間で一度も光学ドライブを使った記憶が無いなら不要だと思います。

2年間使っていないなら今後も使わない可能性が高いからです。それに今後さらにダウンロード方式、ストリーミング方式に移行していくことは確実です。必要になった時に外付け光学ドライブを購入すれば事足ります。

いずれにしても光学ドライブが必要だと思ったら「光学ドライブの選び方」の記事を参考にしてください。

内蔵にするか外付けにするか

光学ドライブには内蔵タイプと外付けタイプがあります。内蔵はパソコンに組み込まれているので邪魔になりません。外付けはUSB接続するので必要なときにだけ使えますし、あとから簡単に追加できるメリットがあります。

デスクトップなら外付け光学ドライブでも邪魔になることはないでしょう。デスクトップ本体の上にでも置いておけばいいのです。しかしノートパソコンの場合は、外出先で光学ドライブが必要になったら一緒に持っていかなければならないので結構邪魔です。外出先で必要になりそうなら絶対に内蔵のノートパソコンを選ぶべきです。

ドスパラは光学ドライブ初期搭載

BTOパソコンメーカーによって光学ドライブの扱いが異なります。ドスパラはほとんどのデスクトップとノートパソコンにDVDドライブを初期搭載しています。カスタマイズでブルーレイドライブに変更することもできます。

それに他のBTOパソコンメーカーよりも光学ドライブが安いのも特徴です。だからあなたが光学ドライブが必要だと感じるならドスパラのBTOパソコンをおすすめします。

mouseは光学ドライブ非搭載が多い

mouseはデスクトップもノートパソコンも光学ドライブを登載していないことが多いです。例えばNEXTGEAR-MICROシリーズはすべて非搭載です。カスタマイズで追加することは可能ですが、もちろんその分価格は高くなります。

ノートパソコンはほとんどすべてが光学ドライブ非搭載です。しかもカスタマイズで追加することもできません。外付けでもいいならmouseのノートパソコンも良いと思います。